ホーム > ????
みんなで作るLINEスタンプ

「LINEスタンプ」とは?

 スマートフォン・PCで多くの人に利用されているコミュニケーション・アプリの「LINE」をご存じでしょうか。LINEでは音声の通話や、文字・画像を使った会話(チャット)が楽しめます。
 「スタンプ」と呼ばれる、チャットに花を添えるLINE専用の画像コンテンツも数多く配布されています。
 配布されるスタンプは、以前は大手の企業やプロのクリエーターが制作したものばかりでしたが、近年、「LINEクリエーターズマーケット」というサービスが始まり、アマチュアの方でも審査さえ通れば有料コンテンツの配布が出来る様になりました。

PCNET-SAPPOROでもやってみる?

 PCNET-SAPPOROには、DTP業務の傍らPhotoshopやIllustratorを始めとするグラフィックソフトを活用してCGイラストを制作している人達がいます。
 作品の数々は主に福祉ショップなどで販売されるポストカードや、年賀状で使われていますが、それ以外の場で発表できる機会になかなか恵まれません。 そんな折、作品をLINEのスタンプで配布してみようかという企画が上がり、本年度(平成27年度)にプロジェクトを発足致しました。

メイキング

 スタンプの制作から販売まで一人でこなすスタンプクリエーターの方々が多い中、PCNET-SAPPOROでは「みんなで制作する」というコンセプトで作業を分担する事にしました。

1.キャラクター設定 〜「柴P。(しばぴー)」誕生〜

 「愛されるキャラクターを作りたい!」と制作チームメンバーで話し合い、「ゆるかわ系」の柴犬にしました。
 CGイラストに慣れているメンバーがデザインの原案(図1)を作ると同時にデザイン画をホワイトボードに貼りだし、キャラクターの名前を募集。
「柴P。」に決定しました。

ゆるかわ系柴犬の原案

2.スタンプ画像のラフ画(下絵)制作

 スタンプの画像を投稿するには最大40種という規定があるので、みんなでお題を考えました。 ご挨拶や返事の他に、ネタもちらほら……。
 お題を元にラフ画を制作します。初心者でもトレースしやすい様になるべくシンプルな絵を心がけました。原案をベースに手分けして描き分けるので、キャラクターの姿形・配色、仕草や表情の描き方の指定を添えてラフ画担当のメンバーに配布しました。(このあたり、何だかアニメーターの仕事みたいですね)

3.ラフ画のトレース

 ラフ画をみんなで手分けして、作画指定に沿ってAdobe Illustratorでトレースします。(図2)
 Illustratorの勉強も兼ねて、初心者の人も頑張って取り組みました。
 特に納期が決まっているわけでもないので、他の業務が入るとそちらを優先する事になり、作業が終わるまでに一番時間がかかったかも……。

トレース用の作画指定

4.完成!!

 トレース作業が終わったら、チェック・修正の後ガイドラインに沿って投稿の手続きをします。後は審査が通るのを待つだけです。
 待っている間に次回作の準備もしたり。
 審査が通り、私達の柴P。を無事に公開できた時。可愛がって頂けると制作メンバー一同は大変嬉しいです。

ただ今第一弾「柴P。」第二弾「柴P。@FAMILY」を発売中です。

QRコードを読み込んでお買い上げいただければ幸いです。

QRコードを読み取るとLINEスタンプの購入ページにジャンプします。

制作に携わったメンバーの皆様、お疲れ様でした。
そして見守って下さったスタッフの皆様に厚く御礼申し上げます。(平成28年11月24日)

>

ナビゲーションメニュー

更新履歴

エコメンバ バナー

日本財団バナー

元気ショップ

赤い羽根共同募金

Marielle